お湯と冷水を好きな時に使える

美味しい水をいつでも飲めるだけが、ウォーターサーバーを設置するメリットではありません。特に据え置き型ウォーターサーバーの場合、すぐに70度から90度前後の熱いお湯を利用できるところはメリットといえるでしょう。電気ポットやコンロを使って沸かす必要がないため、光熱費を抑えることが可能です。朝忙しいときにコーヒーやお茶を飲みたいと思っている人にとっては、一番効率よく利用できる方法といえます。取り扱っている企業や機種によって温度調節が可能である為、自分の好みの温度でお湯を作ることができるのはありがたいことです。もちろんお湯だけでなく、冷水を利用することもできます。夏の暑い時期に冷たい水を飲むために冷蔵庫にストックしておくと、冷蔵庫のスペースを取ってしまいますが、ウォーターサーバーなら冷蔵庫の開け閉めをして電気代を余分に使うこともありません。

好きな味の水を手軽に買える

据え置き型の場合大容量のボトルを使用できることから、飲用だけでなく料理用に利用できるのもポイントです。料理に使う水にも気を配りたいと考えている人にとって、とても便利です。設置やボトル交換に大掛かりな工事も必要なく、必要な機能だけが揃っている為、快適に利用できます。いつでも電気でタンク内の水を冷却及びあたためますが、月々の冷蔵庫の電気代の300円から900円前後よりも割安なので使いやすいです。メーカーによって天然水や不純物の入っていない水を手軽に取り寄せられるのも、メリットといえます。味にこだわりたい人や、不純物のない水にこだわりたい人は好きな水を手に入れられるため、ペットボトルで水を購入・運搬する時間やコストを抑えられるでしょう。

ウォーターサーバーの価格は、レンタル費は無料の場合が多いです。水500mlあたり60円~90円、それに加え1か月あたり330円~800円の電気代がかかります。